国内最高峰。5つのデータ消去方法のご紹介

消去技術 | 米国国防総省採用の技術を導入しています

5つのデータ消去方法

1.ソフトウェア消去

米国国防総省の消去規格をはじめ、データ消去の世界標準8規格を含む、全13消去規格と情報機器リユース・リサイクルのデータ消去ガイドラインに完全準拠したデータ消去サービスを提供しています。
各国政府機関も使用しているblancco(ブランコ)というソフトウェアを使い、パソコン内のデータを完全消去しています。

blancco(ブランコ)
  • ノートパソコンのデータ消去

    ノートパソコンのデータ消去

  • デスクトップパソコンのデータ消去

    デスクトップパソコンのデータ消去

  • 専門知識の豊富な技術者による消去作業

    専門知識の豊富な技術者による消去作業

2.物理破壊

パソコンの電源が入らずblanccoでの消去ができない場合は、HDD(ハードディスクドライブ)専用の物理破壊機により、4か所に穴を開けてディスクを物理的に破壊します。該当PCのシリアルナンバーと、そのHDD物理破壊後の証明写真のご提供もしております。

  • 物理破壊後のHDD。4か所の穴開けで完全にデータを消去します。
  • 物理破壊後のHDD。4か所の穴開けで完全にデータを消去します。

    物理破壊後のHDD。
    4か所の穴開けで完全にデータを消去します。

3.磁気消去

直流強磁場を瞬間照射し、HDD等の磁気記録媒体に記録されているデータを一瞬で完全消去します。物理破壊と同様に通電しない機器に有効です。

  • フロッピーディスクやデジタルオーディオテープなどの磁気テープメディアに有効。
  • フロッピーディスクやデジタルオーディオテープなどの磁気テープメディアに有効。

    フロッピーディスクやデジタルオーディオ
    テープなどの磁気テープメディアに有効。

4.メディアシュレッダー破壊

内部で高速回転するハンマーの打撃衝撃によって破壊消去する業務用メディアシュレッダーにより、光学メディア、FD、MO、LTOやフラッシュメモリ等を粉々に破壊して物理消去します。

メディアシュレッダー破壊

5.デュプリケータ消去

専門取扱知識が必要なサーバやストレージ等も、SAS、SATA、SCSI、IDE、FC等全てのインターフェースに対応したデュプリケータマシンにより、効率的に大量同時消去します。

  • 社外に持ち出せないサーバなどは、現地での出張消去も対応。
  • 社外に持ち出せないサーバなどは、現地での出張消去も対応。

    社外に持ち出せないサーバなどは、
    現地での出張消去も対応。

PC処分・パソコン買取の事例 業種特有の制約や条件に応じた
問題解決の事例を大公開中!!

営業拠点

センター

ISO27001 認証登録番号 IS 517544

Microsoft認定再生PC事業者

365日、24時間受付!商品型番必要なし!だいたいの数量でOK!簡単ネット見積へ